鍼灸とは?

〇鍼灸の起源

鍼灸医学が誕生したのは今から遡ること2千年以上前、古代中国で誕生しました。

最初は石でできた鍼を痛みに対して刺すという簡易な治療から始まりました。

文明が発達してきて金属を扱うようになってくると、鉄でできた鍼を使うようになり、それと共に、診断や治療技術も高まり、漢方と合わせて今の東洋医学が確立されていきました。

その東洋医学の集大成の「黄帝内経」という医学書は紀元前に書かれていて現代においても訳され読み継がれております。

 

〇日本においての鍼灸

鍼灸治療が日本に渡来したのは6世紀頃、仏教の伝来と同時期に日本に伝わりました。

その時期ではお灸を中心とした治療が盛んになっていて、鍼治療は主に外科的な処置として使用されていたそうです。

平安時代になると伝来した多くの書物をまとめた日本最古の医学書「医心方」が当時の円融天皇に献上されました。

それから、明治時代頃までは日本の医療の中心は東洋医学が活躍してきました。

 

明治時代になるとオランダから西洋医学が伝来します。

結果から考察する統計をもとにした東洋医学に対して、理論や再現性をもとにした西洋医学が主流となりました。

西洋医学の発展により、多くの命を奪ってきた感染症や病気から人を救ってきました。

 

〇現代においての鍼灸

世界においても西洋医学が主流となっている現代、再び鍼灸などを中心とする東洋医学が注目を集めてきました。

西洋医学は外科的な処置や、薬を用いることにより効果を出す為、副作用が伴ってくるのに対し、東洋医学では、人間が本来持っている治癒力や回復力を引き出して効果を出していく為副作用が少ないことが特徴に上げられます。

それ以外にも鍼灸の特徴はありますが、東洋医学の特色を生かし、西洋中心の医学から、東洋医学と西洋医学の特徴を生かした統合医療において治療をしていくという流れにおいて鍼灸や漢方などの東洋医学が再び注目を浴びています。